1.町震災廃棄物仮置場への搬入(廃材等)


   東日本大震災(平成23年3月11日発生東北地方太平洋沖地震)等に伴って発生した廃棄物につきましては、「町震災廃棄物仮置場(役場駐車場北側)」を設置し、町衛生組合連合会のご協力のもと、廃棄物の種類を限定して受け入れています。
    この仮置場に搬入できるのは、東日本大震災により色麻町内の家屋や家財等に被害を受け、かつ色麻町からり災証明等の交付を受けた色麻町民の方に限ります。地震以外で発生した廃棄物、地震と無関係の廃棄物、種類ごとに分別していない廃棄物等は、受け入れることができません。
   搬入を希望される場合は、事前に余裕を持って、色麻町役場町民税務課にお問い合わせ・ご相談のうえ手続きを行って下さい。
 

 町震災廃棄物仮置場で受け入れる廃棄物(平成23年3月19日から当分、受け入れ中)

  • ブロック、石、コンクリート
  • トタン
  • 木材廃材

   ※仮置場は、廃棄物集積状況に応じて、随時、受け入れ中止や閉鎖等の措置をとることがあります。

  

2.大崎広域処理施設への搬入(燃やせるごみ、種類指定のごみ)


①    東日本大震災に伴って各ご家庭から出た各種のごみ(燃やせるごみや食器かけ等)につきましては、少量の場合は町が定めるごみ収集日程・収集ルールに基づいて、通常どおりお住まいの地区の指定集積所に出して下さい。  

(対象となるごみ→燃やせるごみ、リサイクルごみ、粗大ごみ等)

 ②   ①以外の場合であって、ある程度量の多い粗大ごみを出したい等の場合は、大崎広域廃棄物処理場(大崎市古川桜ノ目)へ各自が直接搬入することができます。この場合、搬入する前にあらかじめ、色麻町役場町民税務課で手続きを行って下さい。

(対象となるごみ→家具類(金属・ガラス除去)、トタン、リサイクル法対象以外の小型家電、ガラスや陶器、布団、畳等)

 

お問い合わせ先 

色麻町役場 町民税務課 環境衛生係
電話0229-65-2111(内線173)