農業者年金について

 農業者年金制度は、農業者の老後生活の安定及び福祉の向上と農業者の確保を目的とした公的な年金制度です。

 平成14年から制度が改正され、それまでの賦課方式から積立方式に変わり、80歳までの保証がついた終身年金です。 

 

 加入できる人は、国民年金第1号被保険者で、年間60日以上農業に従事している60歳未満の人です。

 加入や脱退は自由です。

 

 認定農業者で青色申告をしている人は、国から月額最高1万円の保険料補助があります。要件を満たせば国庫補助額も自分の年金として受け取ることができます。