町では、水道水の供給と生活排水の処理を町営事業として設置運営しています。

 町で行っている事業ですが、町の一般的な予算(一般会計)とは別に水道事業会計、下水道事業特別会計として経理し、水道・下水道料金と一般会計の財政負担等により、水道水の供給や生活排水の処理などをしています。

 これらの町営事業は公営企業といわれ、日常生活に必要不可欠な事業であり、町民皆さんから納付していただいた料金収入で運営されていることから、サービスの安定的な継続と健全な経営が必要となっています。

 しかし、施設等の老朽化に伴う更新投資の増大や人口減少に伴う料金収入の減少など、その経営環境は厳しさを増してきているため、中長期的な経営の基本計画となる経営戦略を立てながら、経営を見直し改善していかなければなりません。

 経営の見直しを行う上では、町民皆さんへ経営状況を判りやすく説明して、その理解のもとに改善していくことがもっとも重要であると考え、経営指標を活用して経営の現状や課題を分析した「経営比較分析表」を公表することとしました。