医療機関での受診・窓口負担について

1.6月末までは保険証がなくても、医療機関等を受診できます。

  • 避難するときに保険証(被保険者証)をなくしてしまった場合でも病院で診察や治療が受けられます。
  • 窓口で,「名前」「生年月日」「住所」「勤務先名」「現在の連絡先」などをお伝えいただければ大丈夫です。
  • 地震の後に他の市町村に移った方も,同じように受診できます。

 

※大切なお知らせ

  • 7月1日からは保険証(被保険者証)が必要になります。                         
    ※保険証をなくされた方は,必ず保険証の再交付を受けてください。

 

2.被災された方は,診察代(一部自己負担金)がかかりません。

  • 以下の方については,病院の窓口でお伝えいただければ,診療代(一部自己負担分)を 支払う必要はありません。

(1)災害救助法の適用地域(東京都を除く)や被災者生活再建支援法の適用地域の住民(地震発生後,被災地域から他の市町村へ転出された方も含む)であり,

(2)以下のいずれかの申し立てを行った方                                   
①住宅が全半壊,全半焼又はこれに準ずる被災をした方                         
②主たる生計維持者が死亡したり,重篤な傷病を負った方
③主たる生計維持者が行方不明である方
④主たる生計維持者が業務を廃止・休止した方
⑤主たる生計維持者が失職し,現在収入がない方
⑥原発の事故に伴い,政府の避難指示,計画的避難区域及び緊急時避難準備区域の指示の対象となっている方
 

※大切なお知らせ

  • 一部自己負担分の免除期間が平成24年2月末までに延長されました。              
    (注)入院時食事療養費,入院時生活療養費等の免除措置の期間については,現在のところ平成23年8月31日までが予定されています。
  • 7月1日からは自己負担分の「免除証明書」が必要になります。
  • 女川町及び南三陸町の国保又は後期高齢者医療制度にご加入の方々は,当分の間,『免除証明書』は必要ありません。

 

 

★ 制度の詳しい説明は下記にお尋ね下さい。

【お問合せ先】
■ 福祉課国保係/電話:66-1700 有線2080