色麻町防災ハザードマップ(令和2年3月)

 色麻町防災ハザードマップは、町内の洪水と土砂災害に対する危険性や、大雨に対する家庭内の備えなどについてまとめているものです。

 防災ハザードマップ表紙

「3-1.洪水土砂災害ハザードマップ」に示した地図には、大雨によって鳴瀬川水系の河川が氾濫した場合に想定される浸水区域と、土砂災害のおそれのある区域、避難施設などの防災情報を掲載しています。

 なお、浸水については、国土交通省及び宮城県がそれぞれ平成28年6月・平成30年5月に公表した浸水想定区域図を重ね合わせ、それぞれの地点で最大となる浸水深を表示しています。

 災害時には、焦らず周囲の状況確認を行い、正確な情報を得ることが大切です。このマップを活用し、避難所や避難経路を事前に確認しておきましょう。確認した避難経路が使えなくなることも踏まえ、「複数の避難経路」を検討しておきましょう。

   附属資料として、色麻町防災ハザードマップをより分かりやすく利用していただくため、「防災ハザードマップ使い方ガイドブック」も掲載いたしました。是非ご活用ください。

 

 1.災害を知る.pdf [652KB pdfファイル] (1頁~2頁)

 2.大雨時にとるべき行動を考える.pdf [1182KB pdfファイル]  (3頁~6頁)

 3-1洪水土砂災害ハザードマップ.pdf [9043KB pdfファイル]  (7頁~22頁)

 3-2洪水土砂災害ハザードマップ-ため池ハザードマップ.pdf [2582KB pdfファイル] (23頁~24頁)

 4.災害に備える.pdf [571KB pdfファイル]   (25頁~26頁)

 表紙・背表紙.pdf [295KB pdfファイル] 

 防災ハザードマップ使い方ガイドブック.pdf [863KB pdfファイル]  (附属資料)

 

 

※新型コロナウイルス感染症拡大中における大雨等災害時の避難所については、こちらをご覧ください。

 感染症拡大中に災害の危険が迫ったら.pdf [519KB pdfファイル]