国民年金基金とは

 国民年金を納付している第1号被保険者(自営業など)が、任意で加入することができる公的な年金制度です。
  • 国民年金基金は、国民年金法に基づき厚生大臣(設立当時)の認可を受けた公的な法人です。都道府県ごとに設置された「地域型基金」と職種別に設立された「職能型基金」があります。
  • 国民年金基金は、ライフプランに応じて加入口数や年金の種類を選択することができます。
特徴
  1. 月々の掛金は将来も一定
  2. 国民年金保険料と同じく、基金掛金の全額が社会保険料控除の対象
  3. 年金額がいまからわかる

加入できる方

 20歳以上60歳未満の自営業者など国民年金の第1号被保険者が対象となります。
ただし、下記に該当する方は加入できません。

  1. 第1号被保険者で、保険料を免除されている方・学生納付特例を受けている方
  2. 第2号被保険者(サラリーマンなど)
  3. 第3号被保険者(厚生年金加入者等の被扶養者)
  4. 農業者年金の被保険者

国民年金との関係

 年金基金は老齢基礎年金に上乗せして支給する制度ですので、年金本体の保険料を滞納した場合、その期間の基金の掛け金を納めても、給付は受けられません。
また、国民年金の付加年金(月額400円)を納付することはできません。(付加年金を納付中の方は年金基金加入時に付加年金の納付を脱退する届出が必要です。)

掛金について

 掛金月額は、選択した型・加入口数・加入時の年齢・性別によって異なり、上限は月額68,000円です。
また、掛金は全額、税の申告の際に社会保険料として所得から控除され、さらに受け取る年金にも公的年金等控除が適用されます。